学資保険を賢く選ぶ方法
当サイトでは理系新米パパの視点から、学資保険の仕組みや選び方について分かりやすく説明しています。

≪無理のない支払額を設定する≫

無理は禁物

「学資保険の支払額を高く設定してしまったために生活が苦しくなってしまい、挙句の果てには学資保険が支払えない」なんてことになったら目もあてられません。

毎月の支払額は無理のない程度に設定して長期にわたりコツコツと貯めていくことを心がけましょう。ちなみに管理人の支払額は月々1万円程度です。

支払方法は月払いがオススメ

月払いがオススメの図解

学資保険の支払方法には「月払い」「半年払い」「年払い」「一時払い」などがあります。まとめ払い(一時払いや年払い)のほうが返戻率(※)が高くなるのですが、私は「月払い」をオススメします。

理由は上で説明したとおり、学資保険は無理をせずコツコツと積立てていくことが大切だからです。「返戻率にこだわるのであれば他の金融商品(投資信託、外国債券など)を買ったほうがよい」と思います。

※ 返戻率とは支払った保険料に対して受け取れる学資金の割合です。例えば年10万円の保険料を17年間払い続けて(合計170万円)、学資金を187万円受け取れば返戻率は110%です。

学資保険 トップページ
学資保険の基礎知識
学資保険の選び方
おすすめの学資保険
その他
生命保険も見直そう
お気に入りリンク集

他の運営サイト
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
Copyright (C) 2005-2017 学資保険の賢い選び方 All Rights Reserved.